知りたい!《川和高等学校》のすべて。 評判と出題の傾向・対策まるわかり!

川和高等学校の学校情報

高校受験を目指す中学生のお子様をお持ちの親御様、こんにちは。
今回は、公立「川和高等学校」の評判と、試験の傾向を解説します。

川和高等学校HP

【環境】

横浜市営地下鉄グリーンライン「都築ふれあいの丘駅」徒歩15分。東急田園都市線「市が尾駅」バス7分。横浜市営地下鉄ブルーライン「センター南駅」バス11分。JR横浜線「中山駅」バス16分の場所に位置します。
緑に囲まれた小高い丘にあり、春は桜、秋は銀杏が咲き誇ります。
学校施設は全般的に古く、長い歴史の持つ伝統の重みを感じさせます。

【学習】

基礎学力を定着させるための必修の授業に加え、選択科目が充実しています。
受円対策科目に加え、「芸術」や「フードデザイン」、「コミュニケーションスキルズ」などといった科目があります。
大学受験を見据えた授業を展開しており、学校独自の実力テストや少人数授業、頻繁な小テストの実施や、高校2年生からのセンター試験演習が特徴的です。
夏休みには、理科実習や、希望者対象の夏期講習が行われます。
自習室は冷暖房完備で、赤本も充実していて、学習には最適の環境といえます。

【校風】

校則は厳しくなく、生徒の自主性が重んじられています。
常識、良識のある生徒が多いので、校則は厳しくなくても規律正しい学校生活を送っています。
神奈川県の公立高校の中で部活動が非常に盛んであり、また文化祭や体育祭、球技大会などの行事にも、多くの生徒が熱心に参加しています。

【部活動】

生徒の部活動参加率は9割を超えており、部活動が非常に盛んです。
神奈川県公立高校最高峰として知られる横浜翠嵐高校、湘南高校、川和高校、柏陽高校の中でも最も部活動が盛んで、強豪です。
ダンス部は全国大会の常連であり、他にも野球部やハンドボール部、バスケットボール部や弓道部は全国大会に出場したこともある強豪校です。

【併願校例】

併願校としては、中央大学附属横浜高校や日本大学高校、鎌倉学園高校、山手学院高校などがあげられます。
神奈川県外なら、明治学院高校や成城学園高校があげられます。

【進学実績】

国公立 

東京大学3名、京都大学1名、一橋大学1名、東京工業大学7名、東京外国語大学4名

私立

 早稲田大学106名、慶應義塾大学29名、上智大学37名、東京理科大学43名、明治大学199名、青山学院大学77名、立教大学84名、中央大学65名、法政大学67名

MARCHへの進学が非常に多くなっていて、早慶大学にも多くの合格者を出しています。
近年急激に合格実績が向上しているので、これからに期待のできる学校です。

【その他】

評定:学力試験:面接試験=4:4:2となっていて、特色試験は実施しません。
合否判定における評定の占める割合が非常に大きいので、中学校の定期テストが非常に大切です。中学校で、副教科を含め全教科に真剣に取り組んでいた人が合格するようになっています。

サクシードでは【川和高等学校】出身の家庭教師、【川和高等学校】の合格実績を持つ家庭教師をご紹介しています!
家庭教師スピード検索へのお申込みはこちらから→『家庭教師スピード検索』

SNSでフォローする