知りたい!《横浜翠嵐高校》のすべて。 評判と出題の傾向・対策まるわかり!

横浜翠嵐高校の学校情報

高校受験を目指す中学生のお子様をお持ちの親御様、こんにちは。
今回は、公立「横浜翠嵐高等学校」の評判と、試験の傾向を解説します。

横浜翠嵐高等学校HP

評判

【環境】

JR横浜駅より徒歩20分。市営地下鉄ブルーライン「三ツ沢下町駅」徒歩12分。東急東横線「反町駅」徒歩18分の場所に位置しています。
横浜港を見下ろす丘の上に建ち、横浜Fマリノスや横浜FCの本拠地である三ツ沢公園球技場が近くにあります。
自習室や進路指導室など、学習関係施設は整っています。

【学習】

学習には非常に力を入れていて、神奈川県随一の進学校です。
1コマ95分授業がベースとなっていて、高い集中力が求められます。
3年間の学習ビジョンを明確に定め、「自学自習」を多なうことが推奨されています。
土曜日や長期休暇中は希望者を対象に、大学受験に特化した特別講習が行われます。
また、将来国内外で幅広い活躍をする人材を養成するため、アメリカのエレノア・ルーズベルト高校訪問や短期留学生の受け入れ、講演会などで、異文化理解や国際貢献に関する学習を行います。

【校風】

校訓として大平凡主義を掲げ、中道を重んじ、当たり前のことを当たり前にできる人材を目指しています。制服も一部自由、髪色やピアスなども自由と、校則はあまり厳しくなく、自由と個性が尊重されています。
生徒のほとんどが勉強に非常に力を入れていていますが、行事もとても盛り上がります。
中でも体育祭は大きな盛り上がりを見せ、1年生の男子が女装する「可愛子」は翠嵐名物です。

【部活動】

運動系、文化系合わせて30の部活動と、8の同好会、2の委員会が存在し、勢力的に活動しています。
山岳部やクイズ研究部、天文同好会やフィールドワーク同好会など、他にあまり類を見ないものも多くあり、それぞれの関心のある分野に合わせて活動することができます。
年季の入った部活棟は、長い歴史を感じさせます。

受験情報

【私立併願校】

併願校としては、桐蔭学園高校や法政第二高校、桐光学園高校や山手学園高校があげられます。
また、巣鴨高校や慶應義塾高校、東京学芸大学附属高校、早稲田実業高校を受験する生徒も多くいます。

【進学実績】

国公立

東京大学20名(うち現役18名)、京都大学8名(現役3名)、東京工業大学11名(現役8名)、一橋大学8名(現役4名)

私立

早稲田大学135名(現役101名)、慶應義塾大学87名(現役65名)、上智大学25名(現役25名)、東京理科大学71名(現役46名)、GMARCH262名(現役196名)

国公立大学への進学も多く、輝かしい進路実績を誇っています。
現役進学率の高さが特徴的で、生徒が意識を高く持ち、計画的に勉強していることがうかがえます。

【その他】

評定:学力試験:面接試験:特色試験=2:6:2:2と、神奈川県で最も学力試験の比重の大きな高校です。
特色試験(自己表現検査)は、与えられた課題文(英文を含む)を的確に読み取り、教科横断的な総合的な知識を応用し、記述する問題です。
情報処理能力、判断力、文章記述力、思考力が試される試験です。
日々様々な事象に目を向け、長いスパンで対策を取ることが必要です。

サクシードでは【横浜翠嵐高等学校】出身の家庭教師、【横浜翠嵐高等学校】の合格実績を持つ家庭教師をご紹介しています!
家庭教師スピード検索へのお申込みはこちらから→『家庭教師スピード検索』

SNSでフォローする