講師のご紹介

厳しい採用基準で選ばれた優秀な講師のうち、一部の講師をご紹介致します

家庭教師紹介

男子校、女子校問わず、中学受験経験をお伝えすることができます。

家庭教師・写真

藤井 祥万

経歴

早稲田大学・創造理工学部・総合機械工学科 在学中

私立早稲田中学・高等学校 出身

指導実績・指導経験

家庭教師として1年半指導しています。これまでに小学生を2人指導してきました。
一人は小学6年生の5月から中学1年の1学期まで担当し、もう一人は小学4年生の3月から現在も指導中です。
中学受験を指導した生徒さんは塾には通わず家庭教師一本でしたが、私の持っている知識と経験を可能な限り伝え、結果的に第一志望に合格させるだけではなく、実力が上の学校にもチャレンジできるレベルまでに成績を上げることができました。

先生の家庭教師としての強みを教えてください

私は中学受験を経験しています。私の姉2人も女子校の中高一貫校出身であり、そのこともあって男子校、女子校問わず、中学受験経験をお伝えすることができます。よって、塾へは通わず、受験の情報が得にくいご家庭でも安心して受験に取り組んでいただけるよう、様々な面でアドバイスができます。
また、私は中高時代、お世辞にもよい成績とは言えませんでした。しかし大学生になったいま、自分の勉強法を確立し、よい成績をとっています。成績が悪い状態からよい状態になるまでの過程を自ら経験している点が私の最大の強みであると考えています。

指導の上で工夫していることはありますか?

まずは勉強を楽しく感じられるようになっていただくのが一番だと考えています。
少ない課題とピンポイントの指導で、直近のテストの点数アップを目指します。直近のテストがない場合は授業中に小テストを実施します。直近のテストの点数が上がり始めると、勉強が楽しく感じられ始めるはずです。 ただし、直近のテストの点数があがった=学力がついた、というわけではありません。
徐々に課題の量を増やしたり、様々な分野の指導を行ったりすることで真の実力を養えるように工夫しています。

生徒さんとのコミュニケーションで気をつけていることはありますか?

答えを教えるのは簡単ですが、自分で考えずにただの受身になってしまうと、なかなか定着しません。
できるだけ生徒さんに自分で考えてもらうように心がけています。
また、授業中の休憩の時間は特に決めていません。生徒さんは学校の授業などで疲れていることが多いです。その日の生徒さんの状態を見ながら、早めに休憩を取ったり、塾や学校のことを聞いたりして気分転換できるようにしています。
さらに授業中に自身の体験を織り交ぜて、受験に対する知識を親御さんだけでなく、生徒さん本人にもつけてもらうようにしています。

勉強のコツを教えてください

勉強とは積み重ねです。中学、高校、大学と学年があがるにつれてその傾向はさらに顕著になります。
知識を確実に定着させるために、私はまとめノートを作ってきました。習った授業の内容を自分の言葉で噛み砕いて説明するように書いていきます。その過程で、難しい内容も自分なりに理解することができます。中学受験生にはまとめノートを作ることは指示していませんが、学んだ内容をただそのまま暗記するのではなく、自分の言葉で解釈できるようになることを最終目標として指導しています。

指導にあたっての意気込みをお願いします

生徒さんとそのご家族と力を合わせて目標達成を目指していきます。
勉強は一生続くものです。一生という長い勉強時間のうち、中学受験勉強の時間はわずかなものかもしれません。しかし生徒さんの大事な人生に大きく影響を与えることには間違いありませんので、こちらも真剣に指導させていただきます。是非、一緒にがんばりましょう。

他の先生を見る

家庭教師に関するご相談やお問い合わせ
0120-926-061[受付時間]13:00-21:00(日・祝日を除く)