知りたい!《カリタス女子中学校》のすべて。 評判と出題の傾向・対策まるわかり!

中学受験を目指す小学生のお子様をお持ちの親御様、こんにちは。
今回は、私立「カリタス女子中学校」の評判と、試験の傾向を解説します。

カリタス女子中学高等学校HP

評判

カリタス女子中学校は、神奈川県川崎市にある、中高一貫のカトリックの女子校です。
キリスト教に基づいた教育が行われており、一人ひとりの可能性をのばし、普遍的な愛でもって人に尽くす人間の育成を目指しています。

【受験】

募集は帰国生を含め120名程度。
2月1日の午後に2教科、2月2日の午後に3教科(読解・論述、算数、英語または理科)、
2月3日と4日に4教科入試が行われます。
帰国生入試以外は面接試験はありません。
併願校としては、森村学園中学校や品川女子中学校、大妻女子中学校や共立女子中学校、公園女子中学校があげられます。

【環境】

JR南武線「中野島駅」徒歩10分、JR南武線「登戸駅」、小田急線「登戸駅」徒歩20分の場所に位置し、幼稚園、小学校、高校と併設しています。
登戸駅からは市営のバスも出ていて、利用している生徒もいます。
校舎は2006年に建設されたばかりの新しい校舎で、いたるところにガラスが使用されているため、自然光が注がれ、校舎全体がとても明るい雰囲気です。
それぞれの強化に特化した教科センターが設立され、教科教室型運営がされています。
学びのシンボルである図書館を中心に、アリーナや講堂、芸術科目の専門教室が並んでいます。

【学習】

グローバル教育が重点的に行われています。
カナダやセブ島、オーストラリアやニュージーランドでの留学・研修、外国人留学生の受け入れ、セネガルの小学生との交流に加え、多数のグローバルリーダーの講演会やハーバード大学の学生による特別授業、フランス語フェスティバルが行われています。
中学校では全員が英語とフランス語を学び、ネイティブ教師による生きた言語学習を行っています。
フランス語による大学受験にも対応しています。

【生徒】

文武両道な生徒が多いのが特徴です。
毎年ほとんどの生徒が4年制大学に進学し、多くの生徒がGMARCH以上の大学へ進む進学校でありながら、水泳部やコーラス部、テニス部などは大会やコンクールで優秀な成績を収めています。中でも水泳部は関東大会や全国大会に多く進出する強豪です。

出題傾向

カリタス女子中学校は、「文章を書く」ことを非常に重視する学校なので、入試問題でも記述式の問題が多く出題されるのが大きな特徴です。

【算数】

50分100点満点の試験で、大問5題の構成です。
最初に計算問題や一行問題、最後に応用問題が出題されます。
応用問題は、立体図形やグラフ、場合の数などが頻出で、作図が出題されることもあります。
応用問題は全て途中式を記述するので、きちんと順序だてて解く必要があります。答えが導き出せていなくても、途中点がもらえる可能性があるので、途中式は必ず記述しましょう。

【国語】

50分100点満点の試験で、物語文/随筆文と、説明文の読解問題が2題出題されます。
漢字や知識の問題は、独立しておらず、読解問題の中に含まれています。
解答形式は、選択問題は3割程度にとどまり、7割は記述問題です。
記述問題は、抜き出し問題だけでなく、自分の言葉で記述する問題が出題されるので、高い文章内容を簡潔にまとめる能力が必要です。

【理科】

30分50点満点の試験で、物理・化学・生物・地学の4ぶんやからまんべんなく出題されます。解答形式は記号選択問題がほとんどですが、記述問題や実験の図を書かせる問題もあります。
高得点勝負になるので、スピードと正確性、確実な基礎力が必要です
過去問などで問題の傾向に慣れておくことも重要です。

【社会】

30分50点満点の試験で、地理・歴史・公民の分野からバランスよく出題されています。
解答形式は、記号選択や適語補充に加え、記述式の問題があります。
歴史や政治の背景を考えたうえで、自分の言葉で記述する問題が出題されるので注意が必要です。
また、時事問題が出題されるので、日ごろからニュースに触れておくことが大切です。

サクシードでは【カリタス女子中学校】出身の家庭教師、【カリタス女子中学校】の合格実績を持つ家庭教師をご紹介しています!

中学受験コースはこちら→『家庭教師のサクシード 中学受験コース』

家庭教師スピード検索へのお申込みはこちらから→『家庭教師スピード検索』

SNSでフォローする