高卒認定試験対策コース

高卒認定試験コース

高卒認定試験対策で家庭教師を検討されている親御さまへ

高卒認定試験対策で家庭教師を
検討されている親御さまへ

1対1という家庭教師のメリットを最大限に生かし、実際の指導はもちろんのこと、出願手順や試験科目免除のアドバイスなど一人ひとりに合わせた 「合格までの計画」をしっかりと作成致します。

家庭教師に関するご相談やお問い合わせ
0120-926-061[受付時間]13:00-21:00(日・祝日を除く)

高卒認定試験とは?

「高等学校卒業程度認定試験」( 通称:高認 )は国家試験の一種で、年に2回行われています。平成16年までは「大学入学資格検定」( 通称:大検 )と呼ばれていた資格です。 学歴ではなく資格として扱われているので、高校卒業程度の学力があると認定はされても、最終学歴が高等学校卒業になるわけではありません。

  1. 公的に「高等学校を卒業したものと同等以上の学力がある」とみなされる。(高等学校卒業程度認定試験規定第一条)
  2. 大学・短期大学・専門学校・公務員試験・国家資格の受験資格を得ることができる。
  3. 就職の際、一部の企業から高等学校卒業者と同等に扱われる。

文部科学省が高等学校卒業者と同等に扱われる資格と認定してはいますが、企業からの評価はまだまだ低いのが現状です。何らかの理由で不登校になってしまった生徒さんが、大学・専門・資格などの受験者資格のために受験するということが多いようです。 不登校になってしまう生徒さんが増えてきていることや、合格者に対して高卒と同等の扱いが与えられるようになったこと、試験日が年2回に増えたことなどが影響して、年々受験者数が増加してきています。

  • 試験を受ける年度中に満16歳以上になる人であれば、だれでも受験できます。
  • 平成17年度から全日制高等学校に在籍されている方も受験が可能になりました。

※大学入学資格を既に持っている人、大検合格者は受験できません。

毎年8月頃と11月頃の年2回試験が行われます。

今年度の詳しい日程や出願の手続きについてはこちら(文部科学省HP)

国語 必修
地理歴史 世界史A・Bのうち1科目必修
日本史A・B、地理A・Bのうち1科目必修
公民 現代社会or 倫理、政治経済の2科目必修
数学 必修
理科 理科総合・物理Ⅰ・化学Ⅰ・生物Ⅰ・地学Ⅰのうち2科目必修
英語 必修

※試験は全てマークシート方式で行われ、100点満点中40点前後が合格基準となっています。

※上記の全ての科目に合格する必要があります。ただ、一度合格した科目は次回以降の試験では免除されます。次年度以降に持ち越すことも可能です。 一度合格した科目は免除されるので、諦めずに何年も受験し続ければ、いずれ合格することは出来ると思います。ただ、出来る限り早く合格して次のステップに進みたいという方がほとんどではないでしょうか。

1、2年で合格するためには
効率の良い対策が必要!

高卒認定試験に合格するためには、「選択科目をどうするか」、「最初から全ての科目を勉強するのか」、「科目を絞るのであればまずはどの科目の合格を目指すか」など、考えるべき点がいくつかあります。
サクシードでは、高卒認定試験の家庭教師サポートをはじめて10年の経験から、お子さまの状況に合わせて最適な合格フローをご提案致します。

1、2年で合格するためには効率の良い対策が必要!

サポート実績豊富な家庭教師、同じような
経験を持つ家庭教師が多数在籍!

学生からプロまでたくさんの講師が登録しています。専門知識を有したプロが指導したほうがいいケースもあれば、兄弟や友達の役割を果たしたほうがいいケースなど、 家庭教師との相性はさまざまです。まずは、お近くの家庭教師をご確認ください。

お兄さんお姉さんという感じの学生 指導経験が豊富なプロ家庭教師

サクシードでは、実際に担当する家庭教師による体験授業が受けられますので、よく確認した上でご検討下さい。 また、相性が合わない場合は別の家庭教師による体験授業も受けられますし、お断り頂いても構いません。1対1の家庭教師だからこそ、お子さまとの相性を重視して、ご検討ください。