大阪市塾代助成事業について

\ ご存知ですか? /
大阪市内にお住まいの方は、
指導料が毎月10,000円
おトクになります。

「塾代助成カード」の利用で、
毎月塾代の助成が受けられる!

サクシードでは平成29年度より、大阪市の塾助成事業の参画企業に登録をしました。
大阪市内に居住する中学1年生~3年生で「塾代助成カード」をお持ちのご家庭を対象に、
月額1万円を上限として指導料の割引を行います。
ぜひこの機会に、サクシードの家庭教師をご検討ください。

大阪市塾代助成カード利用方法

  • (1)体験の際に、お持ちの塾代助成カードをご掲示下さい。
  • (2)確認が取れましたら、授業料に割引を適用させていただきます。

※ カードの詳しいご利用方法については、お電話にてお問い合わせいただくか
体験授業の際にスタッフまで直接お尋ね下さい。

塾代助成カードを使った割引例

サクシードの「中学生コース」に
ご利用の場合の割引例です。

コース 90分・月4回 120分・月4回
学校補修コース
(全学年)
19,800円  
→  9,800円
24,000円  
→  14,000円
高校受験コース
(中学3年)
21,000円  
→  11,000円
25,600円  
→  15,600円

塾代助成カードで各コース料金が1万円割引に!

サクシードではマンツーマンの指導で学習効率の良い授業をご提供しております。
学習の成果を確実に出すために弊社の授業は1コマ90分からのコースを推奨しております。
上記のコース以外にも、不登校コース・LDコース・帰国子女コースなどにもご利用いただけます。

料金は安心の月謝制です

 サクシードは、ご入会時にローンを組んだりチケットを購入する必要はありません。
安心の月謝制ですので、助成カードを活用しやすい料金形態です。

高額な教材の販売などは一切ありません

 低価格の家庭教師と見せかけて、実は高額な教材の購入がセットで必要になる
「教材販売会社」ではありません。質の高い講師による指導のみをご提供いたします。
参考書や問題集はお子さまのご状況や必要に応じて、最適なご提案をさせていただきます。

無料体験授業を受けられます

無料で体験授業を受けられますので、家庭教師がはじめてという方も安心です。

よくあるご質問

Q「塾代」助成とありますが、家庭教師に利用できるのですか?
ご利用いただけます。
Q誰でも利用できるのですか?
大阪市に在住の中学生で、塾代助成カードの申請に通った方がご利用いただけます。

お見積りはこちら

カンタンなご入力で指導料の詳細なお見積りをいたします。
兄弟で同時授業など、料金にご不明な点がある方は、お気軽にお問い合わせ下さい。

お見積りはこちら

塾代助成事業とは?

大阪市で平成26年からはじまった、子育て世帯の経済的負担を軽減するとともに、学力や学習意欲、個性や才能を伸ばす機会を提供することを目的とした事業です。
対象者は塾代助成事業のHPから助成の申請をすると学習・文化・スポーツに関する指導・教育を行う事業者で月額1万円まで利用できる 塾代助成カード(ICカード)が交付されます。申請の条件は、大阪市内に居住する中学生を養育する保護者で、 所得限度額が設けられています(下記表参照)。

大阪市塾助成事業の対象者

大阪市で中学生を養育している方で、養育者とその配偶者の平成27年中の所得金額(※)の合計が下記の表の所得制限限度額未満の方が対象です。
大阪市内に居住し中学校に通っている中学1年生~3年生、約30,000人の助成対象者が見込まれています。
昨年度は市内の中学生の約五割が助成対象者になり、対象者のほぼ半数が助成制度を利用をしています。

所得限度額

申請者とその配偶者の平成27年中の所得金額の合計が、次の所得制限限度額未満であることが必要です。

扶養親族等の数 所得制限限度額
0人 2,840,000円
1人 3,220,000円
2人 3,600,000円
3人 3,980,000円
4人 4,360,000円
5人 4,740,000円
6人以上 1人増すごとに
38万円加算

助成カードを利用できる事業者

利用できる事業者は学習塾だけでなく、音楽、スポーツ、パソコンなどの教室からオンライン塾など多岐に渡り、 参画事業者は平成 29 年1月現在で 2,244 事業者と今後も増加傾向にあるとのことです。
家庭教師や出稽古など教室以外での利用も認められています。 参画事業者は公式ページで検索でき、参画していない事業者を利用したい場合は、公式ページでリクエストを行なうことで 使用が検討される可能性もあります。

助成は塾などの事業者が有償で行っているサービスが対象です。 事業者によって利用できる範囲は異なり、使用が授業料にのみとされている場合は備品の購入などには助成カードを使用できない場合もありますので注意が必要です。

塾代助成カードの申込方法・利用方法

  • (1)ご自宅に届いている申請書類に必要事項を記入し、下記住所へ送付します。

    お手元に無い場合は塾代助成事業のHPから申請書類をダウンロードできます。

    【申請書類送付先】
    〒530-8693
    日本郵便株式会社 大阪北郵便局 私書箱435号
    大阪市塾代助成事業運営事務局
  • (2)申請が通ると、ご自宅に封筒が2通届きます。

    認められなかった場合は不交付通知が届きます。

    【封筒の内容】
    • ①「塾代助成カード」(カード台紙に、利用時に必要な「パスワード」が記載されています)
    • ②「塾代助成カード」の交付決定通知書、ご利用の手引き、参画事業者リスト (「塾代助成カード」が利用できる学習塾等の一覧)など
  • (3)参画している塾へカードを提示することで、利用が可能です。

    参画企業は交付決定後に届く書類、または専用HPで検索ができます。
    (利用方法は利用できる塾や教室によって異なります)

助成カード申請から利用開始までの期間目安

運営事務局への申請書提出日
(当日消印有効)
申請に対する通知(目安) 塾代助成カード利用開始
令和2年8月31日(月)まで 令和2年10月末頃 令和2年11月
令和2年9月30日(水)まで 令和2年11月末頃 令和2年12月
令和2年10月31日(土)まで 令和2年12月末頃 令和3年1月
令和2年11月30日(月)まで 令和3年1月末頃 令和3年2月
令和3年1月4日(月)まで 令和3年2月末頃 令和3年3月

子どもたちの学習機会を均等化することを目標に質の高い指導を低料金で提供している家庭教師のサクシードでは塾代助成事業に賛同し、各種中学生コースにおいて助成制度の利用を歓迎しております。
月額制の指導料と明瞭な料金形態でより塾代助成カードを活用した手軽で負担の少ない家庭教師のご利用を応援していきます。

お問い合わせ・お申し込みはこちら

  • 資料請求
  • 無料カウンセリング
  • 電話お問い合わせ

お問い合わせ・お申し込みはこちら

お電話にてお問合せ

資料請求

無料カウンセリング